むすびisの作品のコンセプトは、「日本の素朴な景色」。

幼いころから慣れ親しんだこの穏やかな海の景色が、なによりも大好きです。



《むすびis》デザイナー 加藤 真希

 

愛知県出身 埼玉県在住

海と山に囲まれた小さな田舎町で育ちました。

海の色と風の匂いで1時間後の天気が分かるほど、自然と密接な環境で長く生活をしてきました。

 

ソウタシエに出会ったのは2013年。海外のアート雑誌で偶然ソウタシエを用いたアクセサリーを見かけたのがきっかけです。

当時日本では材料や作り方の情報がほとんど手に入らなかったので、独学で研究を始めました。

 

そんな私の作品のテーマには、素朴な日本の風景や、自然への感謝と畏敬の念が元になることが多いです。

ソウタシエに心惹かれたのも、尾形光琳の屏風絵などに見られる、

                                 自然のゆったりとした曲線が描きやすかったからかもしれません。

 

小さいころから手作りが好きで、

近くの海に行っては貝殻を拾って色を塗り、

フォトフレームなどにしていました。

本を読むのも好きで、ビーズや編み物の手芸本をたくさん集めていました。

  

ブランド名《むすびis》には、

私が「美しい」と感じたものを、私というフィルターを通して、

大好きなソウタシエやビーズを用いて、誰かと「むすび」つけたい

という意味が込められています。

ぜひ皆様の元に、ちょっと変わったお気に入りのアクセサリーや、

アート作品が届けられますように。

 

趣味:読書 アニメ キャンプ 中国茶

特技:短い糸で玉止めをすること。床に落ちた針をいち早く見つけること。